結婚おめでとうございます

 

先日紹介したプロゲーミングチームDeToNator所属のストリーマー、StylishNoob氏が先月入籍していたことをTwitterで発表し、ファンは一時騒然となった。突然の入籍発表は常に驚きをもって迎えられるものだが、彼の場合は陰キャ童貞引きこもり無職等々のキャラクターで愛されていたので、なおさら只ならぬ騒ぎであった。どのくらいかと言うと「new関優太」がTwitterトレンド入りするくらい。なんだよnew関優太って。
そういう人物なので公表しづらく、かといって黙っている罪悪感に耐えられなくなり急な発表となったという。なんだかんだ言って不器用で誠実な人柄が窺えてしまう。かわいいかよ。Twitterの文面はぎこちなく、翌日行われた報告配信では最初どう見ても態度が硬かったが、他のDTNストリーマーたちからのご祝儀チアー(投げ銭)に目頭を押さえる場面には観ている方もこみ上げてくるものがあり、大変暖かな空気に包まれた。その後4人でPUBGをプレイし始めると(おそらく予定されていたものではなく、お祝いにみんなでやろうと配信中に誰かが提案したのだと思う)、「絶対負けらんねえ勝たせるぞ」「決めろStylishNoob」「俺が壁になる」など仲間の熱い言葉を受けつつ、新郎が最後の敵を倒しての姫プ全員生存ドン勝で初戦を飾るという、神展開を繰り広げた。この日は他3人が配信を閉じていたのも熱い。ピークは視聴者数が2万人を超え、Twitch日本1位世界4位の配信となった。アーカイヴで観れます。
一部では陰キャ営業は嘘だったとか騙していたとか叩いてる人もいないではないが、むしろ交際を素直に言えずいざ公表しても謝罪から入るあたり完全に陰の者だと思う。もっと嬉しそうに報告しろ。今後も変わらずに頑張ってほしい。なんていうか、DTNのファンだったせいもあるだろうが、他者の結婚でここまで暖かく祝福する気持ちになるなんて自分で自分に驚いた。今までもTwitterのフォロワーが結婚したことは何度かあって、もちろん素直にめでたいと思っていたが、やっぱりどこか遠い世界の出来事感、アフリカの恵まれない子ども達感(たとえが悪すぎる)があった。StylishNoobだってフォロワー以上に赤の他人なのだが、ああやってみんなで祝っているのを配信を通して一緒に体験するのがちょっと違ったのかもしれない。あたかも式に参列するかのような。結婚(の前段階)に縁のない人生を送っているし、面倒臭い、人生の墓場、金の無駄、こわい、つらい、などネガティブなイメージばかり持っているが、そうではない良い面にも触れることができて良かった。自分の結婚を前向きに考えられるかどうかは別だけれども。
実は、もはや数少ない今も付き合いの続く(年に数回会うだけ)中学の同級生が今月入籍すると聞いていて、いずれ結婚式にも来てほしいと言われている。この歳になっていまだ結婚式というものに出席したことがないのでもう既に緊張している。ガチで着ていく服がない。その報告を受けたときも心からおめでとうという言葉が出たし、こんな歪んだ性根でも少なくとも他人の結婚は普通にポジティブに受け取れるんだと、今更になって再発見した気分である。スタヌも同い年なので、やはりそういう歳頃に差し掛かってきたのだなあとしみじみ感じるが、全然焦りがないのできっと永遠に結婚できない。できるわけがない。お母さんごめんなさい。皆さんはどしどし結婚報告してください。心より祝福します。服がないので式には呼ばなくていいです。

あらためてStylishNoobこと関優太さん、ご結婚おめでとうございます。これからも応援しております。